ナイトスプリント(マウスピース)はなぜ必要?80歳まで丈夫な歯を残すためのポイント!

先日、私は歯科に行ってナイトスプリント(マウスピース)を作ってもらいました。

虫歯がない私がなぜマウスピースが必要なのかや、80歳まで丈夫な自分な歯を20本残すために大事なポイントなどをまとめました。

歯が綺麗だから歯科に行かなくても良いは大間違い!理由もあわせてご紹介します!

目次

ナイトスプリントってなに?

ナイトスプリントのナイトはそのまま「夜用の」という意味です。

ではスプリントは?というと、顎関節症治療用のマウスピースこと。

スプリントの種類
取り外し型、装着型、金具を使用するタイプなど。素材も樹脂製や、金属製、ミニスプリント、組み合わせ型などがあります。

ナイトスプリント(マウスピース)はどうして必要?

起きている時間は問題なくても、実は夜中に歯ぎしりしているという人がとっても多いそうです。

普通の人でも8時間の睡眠のうち15分間くらいは歯ぎしりしているとか。

MEMO
歯ぎしり癖がある人は平均40分間も行ってるそうですよ!その中でも、1時間45分も歯ぎしりしている、

という人もいると言われています。

毎晩、歯ぎしりや食いしばりをすると睡眠の妨げになる以外に、歯や顎の関節に影響が出てきます。

摩耗すると歯が割れたり折れたり知覚過敏歯周病の悪化、それに伴い歯が抜けるなどの原因にもつながるので注意が必要です!

こんな人にナイトスプリント(マウスピース)が必要

歯ぎしりをしている、食いしばりをしているという自覚がある人はナイトスプリント(マウスピース)をするのがおすすめです。

でも、歯ぎしり、食いしばりをしている自覚がない人が問題です。

特に必要なのは30〜40代の歯科受診歴の無い人

虫歯がなくて歯医者にかかったことがない方は、自分の歯の状態を客観的に診てもらう機会がありません。

実は歯が削れてもろくなっていることに気づかずに歯が割れたり折れたりということも。

割れたり折れたりする前に保護する目的でナイトスプリントを取り入れるのがおすすめです!

アスリートも使っている!
近年、ウエイトリフティングやラグビー、野球選手も瞬間的に食いしばって歯へ負担をかけるのを抑える目的で使用しています。

80歳まで丈夫な歯を残したい人

最後まで自分の歯でみんなとおいしい食事を楽しみたい!という方は歯の保護、歯茎の保護のためにも装着がおすすめです。

POINT!!
そもそも歯のトラブルがなかった人は歯科にお世話になる機会がないので、まずは一度検診をして今の歯の状態を知り、定期的なクリーニングを受けることが大事です!

クリーニングを受けて歯や歯茎を良い状態に保っておくこともナイトスプリントを使うのと同じくらい重要です!

ナイトスプリント(マウスピース)の価格は?

マウスピースは市販されているものは1,000〜2,500円くらいのものが多いです。

歯科で型を取って自分の歯にフィットするものを作ってもらうとなると型取り費用も含めて6,000〜8,000円くらいかかります。

歯科で作るメリット

右側と左側とで噛む力に左右差があるため歯の擦り減り具合が異なります。そのため微妙な厚みの調整をすることで歯ぎしりなど矯正が可能とのことです。

※単純な保護を目的とする市販のものと、保護+矯正を目的とする歯科のものとの違いがあります。

実際にナイトスプリントを制作してもらって装着した私の感想

私も幼い頃から虫がなくて歯科とは無縁の人生を送ってきました。

数年前になんとなく歯が欠けたような舌触りがしたのをきっかけに歯科にお世話になりました。

検診後に、ナイトスプリントの必要性を伝えていただき、すぐに制作してもらって、現在は就寝時に装着してます。

歯を保護する目的とはいえ、寝ている間に異物を口のなかに入れているわけですが、違和感などは特にありません。

ただ、朝起きた時に口の中が乾いたような感覚があるのですぐにうがいをしたくなる、それくらいです。

個人的には歯を守るためにしているという安心感があります。

噛み締め癖対策は他にある?

噛み締め癖の対策にナイトスプリントの他にボトックス注射があります。

ボトックスというと美容整形の分野で使われるものというイメージが強いかと思いますが、最近では歯科や、皮膚科などでもキャンペーンを組んでお試しで使うことが可能です。

ボトックス注射とは?

ボトックスは顔にメスを入れずに小顔になれる治療法です。

ボツリヌス菌が作り出すタンパク質が筋肉に分布している神経の働きを止めるのを利用して、表情筋の過剰な働きを弱めて、シワなどのお顔の悩みを改善する

ボツリヌス菌が作り出すタンパク質が筋肉に分布している神経の働きをブロックすることを利用して、表情筋の過剰な働きを抑え、しわなどお顔のお悩みを改善します。

咬筋にボトックス注射をするとどんな効果がある?

噛む、咀嚼に関わる筋肉のうちの一つが咬筋。

その咬筋にボトックス注射をするとボツリヌス菌が咬筋の働きを抑えて表情筋の働きを抑えます。

言ってみれば、咬筋を麻痺させて、麻痺させている間は筋肉の活動が起こらないのでやがて使われない筋肉は痩せていきます。

筋肉は痩せると働きが少なくなり、その状態が続くと咬筋で噛む力が弱くなるので夜中の歯ぎしりや噛み締めの噛む強さがかなり弱まります。

CHECK!!

噛み締めに大きく関わってなおかつ歯に負担をかける咬筋を弱らせる目的で歯科ではボトックス注射を行います。

咬筋が痩せることによって、二次的に小顔効果も期待できます。

ナイトスプリントとボトックスのメリット&デメリットについて

ナイトスプリント、ボトックスそれぞれのメリットもあればデメリットもあります。それぞれ紹介します!

ナイトスプリントのメリット&デメリット

ナイトスプリント
メリット デメリット
・歯の保護ができる
・安価
・あくまで歯の保護で咬筋の発達を止める働きはない
・装着時に違和感を感じる人も多い

ボトックスのメリット&デメリット

ボトックスについて
メリット デメリット
・筋肉の緊張が取れる
・顎の筋肉が痩せるので小顔に
・効果がずっと持続するわけではない
・費用が1〜3万円/回する

ナイトスプリント(マウスピース)はなぜ必要? まとめ

歳を重ねても楽しめる食事。自分の歯でしっかり噛んで食べる、というのは食事を純粋に楽しむ上でとても重要だと思います。

入れ歯やセラミック、インプラントをされている方に聞くと、食事が美味しくないと感じるとのこと。

せっかくの楽しみを最大限楽しむために!
80歳になっても20本の歯を残す努力、習慣を今からつけて生活の質を上げていきましょう!

\ブログランキング参加中/

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援クリックお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる